豊橋市で行う外壁塗装のポイント

家

豊橋市で外壁塗装を行うにあたり、いくつかポイントがあります。
新築時は綺麗あっても経年劣化により、かならず必要になるものに外壁塗装があります。
業者が推奨するのは8~15年くらいですが、現実的には20年周期くらいで行うことが多く、そのタイミングで専門業者に依頼することになります。外壁塗装の周期についてベストなのは「見た目」の劣化に関するものでなく、「防水」機能の劣化を優先すべきです。
「見た目」だけの劣化であれば、よほど著しい劣化がない限り大きな問題にはなりません。しかし「防水」の劣化となると、外壁材だけでなく下地材や床・天井等にまで漏水による劣化が進行することになります。こうした事態を防ぐためにも「防水」の劣化に焦点を定めて修繕周期を設定する必要があります。
この「防水」の劣化に対する判断基準としては、外壁材の目地材である「シーリング」の劣化状態に着目する方法があります。シーリング部分に「縦方法のひび」や「剥がれ」などの劣化があると、そこから雨水が浸入し劣化が広がる恐れがあります。豊橋市の気候でこのシーリングの更新周期は8~12年程度と言われており、このシーリングの更新時期と外壁塗装の周期を合わせて行うことで、トータルコストを抑えた工事が可能になります。豊橋市ではこうした工事を得意とする業者が多く、積極的に相談していきたいところです。

見積りが重要!外壁塗装業者の選び方

豊橋市で外壁塗装を行う際には注意したいポイントがあります。
豊橋市で一般的に8~15年で必要と言われる外壁塗装ですが、実際に専門業者に依頼するにあたり、現地調査、見積り、契約、施工といった流れがあります。このステップの中で一番判断を要するのが「見積り」です。
この「見積り」を取る際のポイントとして、必ず3社から見積りをとり比較検討する方法があります。外壁塗装の種類には様々なものがあり、グレードによって値段も様々です。このグレードと金額の関係性について、3社から見積りをとることで妥当な仕様が判断れきるようになります。
ここで注意したいのは、「最安の業者」を即決で選ばないことです。通常であれば最も安い業者でお得感を感じるところですが、安い金額には必ず理由があります。外壁塗装の場合は、「下塗りの回数が少ない」ことや「上塗りのグレードを落とす」などの理由が考えられます。いずれの理由においても、防水性能と直結する内容であることから、金額とはかりにかけて、適切な業者を選定する必要があります。
豊橋市では、見積りだけであれば無料で応じてくれる専門業者がたくさんあります。こうした見積りを活用し、業者の選定にあたっては慎重に行いたいところです。

アパート経営者に人気の外壁塗装工事とは

豊橋市内でアパートを経営しているオーナーは、稼働率の向上のために様々な取り組みを行っています。特に建物の外観の美しさが入居率アップに直結するので、定期的に外壁塗装を専門業者に依頼することが多いです。しかし通常の住宅と比べるとアパートは面積が広いので、外壁塗装工事の総額が大きくなるのがオーナーにとっての悩みです。けれども豊橋市内の様々な業者の料金を実際に比較すると、割安で質の高い施工プランも容易に見つけられます。建物のイメージアップを実現するのが、アパートの外壁塗装のポイントですが、長寿命化のための修理も同時に行う必要があります。特に金属部分の錆のチェックと屋根の雨漏りを丁寧に点検する業者は、豊橋市の賃貸経営者の間でも評判になっています。通常は20年程度で建て替えることが多い木造アパートであっても、外壁塗装を丁寧に行うと建物の寿命は10年以上延ばせます。また良い業者を選ぶためにはウェブサイトをチェックすることが重要であり、特にリピート率に注目するのが塗装工事成功のカギになります。優れた技術を持つ職人が活躍する業者を何度も利用する顧客が多く、リピート率に加えて口コミも参考にすると良い発注先を選べます。


アパートの経営者にもオススメ!外壁塗装を豊橋市で考えているなら「吉⽥塗装店」はどうでしょうか?とても丁寧に施工してくれるので安心して任せる事ができます!

コンテンツ一覧

外壁塗装は定期的に行おう

家の壁について日ごろ意識することはほどんどありませんが、酸性雨や紫外線を浴び続けていて毎日かな…

外壁塗装は塗る回数が大事

外壁塗装の耐久年数は、塗料によって違います。塗料以外に、塗る回数も外壁塗装では大事な要素です。…